淹れ方の種類

焙煎した珈琲豆のままお湯を注いでも美味しくはありません。

​抽出できないわけではありませんが、時間もかかるし風味も良くない。

香り豊かな風味を味わうためには、珈琲豆を細かくしなければなりません。豆の表面積を増やすことにより、早く抽出できるのです。

焙煎した段階で、焙煎豆は劣化が始まります。細かく砕くとさらに劣化が早まります。美味しく飲むコツとしては、飲む前に必要な分だけの焙煎豆を挽いた方がいいのです。

コーヒー豆
新鮮なコーヒー豆

珈琲豆を挽く器具としては、コーヒーミルがあります。こちらは電動と手動があります。すり鉢で挽く人もいますが、挽いた際の豆を均一にした方が美味しく抽出できます。ただ好みによって違ってきますので、ご自分の好みで挽いた方が楽しいと思います。

そして、挽き方にも種類があります。

1.極細挽き(見た目は上白糖)苦みがとても強い    

2.細挽き(見た目は上白糖とグラニュー糖の中間) 苦みとコクが強い 
3.中細挽き(見た目はグラニュー糖より少し大きめ)一般的なバランス
4.粗挽き(見た目はザラメ糖)苦みが少なく酸味がやや強い    

珈琲豆が挽き終わったら抽出します。抽出の方法も種類があります。

1.ペーパードリップ

紙製のフィルターにコーヒー粉を入れお湯を注ぐ

2.ネルドリップ

コットンの織物フィルターにコーヒー粉を入れお湯を注ぐ

3.フレンチプレス

紅茶で見かける器具にコーヒー粉を入れて金属フィルターを押し沈める

4.エアロプレス

プラスチック製の筒にコーヒー粉とお湯を入れ、撹拌して馴染ませてから空気圧を利用して押し出す

5.サイフォン

ガラス製のロートとフラスコで、蒸気の原理を利用してコーヒーを抽出していく

6.ウォータードリップ

水でゆっくり抽出する

7.パーコレーター

コーヒー用ポットの中にあるバスケットにコーヒー粉をいれてセットし、水を入れ、直火でお湯を沸かしそのままコーヒーを作れる構造

8.エスプレッソマシン

コーヒー粉をマシンや器具にセットし、高い圧力をかけてコーヒーを抽出する

9.コーヒーメーカー

電気的熱源によって湯を沸かし、コーヒーを抽出する

フィルターにコーヒーを注ぐ
2188858_s.jpg
coffee-5861257_1920.jpg
coffee-making-1169888_1920.jpg
percolator-638821_1920.jpg
coffee-5804747_1920.jpg
coffee-1885078_1920.jpg
coffee-5990775_1920.jpg
コーヒーテーブルの下の灰色の猫

自分好みの淹れ方で​

​コーヒーを楽しんでくださいね。